フローレスシェーバーでVIOの処理はできるの?

顔のムダ毛を処理するのに活躍してくれるフローレスシェーバーですが、ムダ毛として気になるVIOの処理をすることもできるのでしょうか。

 

VIOの脱毛はしたいけれども、サロンで施術してもらうのはちょっと恥ずかしいですし、自分で処理できるのならそれに越したことはありませんよね。

 

フローレスシェーバーでVIOの処理ができるのかに関してですが、顔以外の部分にも使用することはできるので一応可能ではあります。

 

ただし、VIOにフローレスシェーバーを使う場合には2つの点を理解しておく必要があるでしょう。

 

1つは「フローレスシェーバーは長さ5mm以下の産毛を処理するアイテム」だということ。

 

あくまでも産毛の処理をメインにしているので長い毛があると上手に処理することはできません。目安としては長さ約5mm以下の毛を処理するのに適しているということになっていますから、その点は理解しておきましょう。

 

もう1つは「刃の部分は水洗いできない」ということ。

 

フローレスシェーバーは水やシェービングクリームがいらないで産毛の処理をすることができますが、むしろ水を使って洗うということができないのですね。

 

なので、VIOゾーンを使用した後でも水洗いができないということになりますから、VIOに使用した後に顔に使うのが嫌だという方はしっかりと身体を洗ってから顔に使えるようにした方が衛生的ではあるでしょう。

 

他にも替刃をセットで購入することもできますので、1つをVIO周り専用の刃にして普段使いとは別に分けておくのも一つの対策方法ですし、2つあっても困らないですから、もう一つフローレスシェーバーを購入するというのもいいかもしれません。

 

「自分の体だから気にしないよ」という方であれば、わざわざ付け替えてまで使用することはないと思いますが、衛生面を考えると最低でも身体を洗った後に使用するようにはしたいですね。

 

 

また、VIOでも場所によって処理する方法が微妙に違ってきますが、Vラインの脱毛であればフローレスシェーバーよりもフローレスレッグの方が一度に処理できる範囲も広いですし、場合によっては向いているかもしれません。

 

フローレスレッグに関しては別記事でまとめていますし、ボディ用のフローレスとなっているので首から下の場所であればいろんな部位に使えて効率よくムダ毛の処理ができるようになりますよ。

 

性能はフローレスシェーバーと変わらないですし、使用目的だけ違っているので、使い分けてみるのもいいかもしれません。